禁煙外来 かきはらみずほクリニック | JR高槻駅

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • クリニック紹介
  • 受診される方へ
  • アクセス

禁煙外来

禁煙について

喫煙はがんの他にも脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、脳卒中などの様々な病気や老化の原因となります。
中でも喫煙はがんの危険因子であり、肺がん・食道がん(扁平上皮癌)・胃がん・喉頭がん・口腔がん・膀胱がん・子宮頸がん(扁平上皮癌)などが、喫煙者がかかるリスクは吸わない人と比べれば明らかに高いと言われています。
また、金銭面においても1日1箱(20本)吸うとしたら、1年間(365日)で400円×365日=146,000円の費用がかかることになります。今後も値上がりすることを考えると、費用はさらに上がることになります。

禁煙することで健康面においても、金銭面においても大きなメリットといえるでしょう。
禁煙外来では禁煙補助薬として、チャンピックス(ニコチンを含まない飲み薬)やニコチンパッチ(ニコチンを含んだ貼り薬)などを使用して禁煙をサポートします。

ただし、禁煙治療を健康保険等で禁煙治療を受けるための要件として
・ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
・1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上(2016年4月より35歳未満の方にはこの要件がなくなりました)
・すぐに喫煙することを希望し、記念治療の説明を受け、治療を受けることを文章により同意していること
・過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことがある場合は、前回の初回診療日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)

はい・・・1点 / いいえ・・・0点
※5点以上は「ニコチン依存症」と判定されます。(最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。)

  • Q1.
    自分が吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  • Q2.
    禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  • Q3.
    禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてたまらなくなることがありましたか。
  • Q4.
    禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
    ・イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い・集中しにくい・手のふるえ・憂鬱・食欲または体重の増加・頭痛
  • Q5.
    上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  • Q6.
    重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  • Q7.
    タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  • Q8.
    タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
  • Q9.
    自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  • Q10.
    タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

※禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

禁煙外来での治療

治療は禁煙外来初日から8日目より禁煙を開始します。
12週間(約3ヶ月)にわたり計5回の診察を受けます。

費用について(3割負担の場合)

使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。

  • 胃カメラ検査は電話で予約が可能です 072-648-3456
  • 24時間ネット受付中※予約システムは試験運用中です
  • 診察案内
  • 一般内科 風邪 インフルエンザ 糖尿病 高血圧 脂質異常症
  • 内視鏡検査 胃カメラ検査 大腸カメラ検査
  • 消化器内科
  • 禁煙外来
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種(成人・小児)
  • facebook

TOP